パソコン通販レビュー館

デジモノ大好き管理人のBOSE製品+オーディオ機器の体験・購入レビュー

1万円以内でクリアでクリスタルな音質を手に入れる!オラソニックTW-S5体験レポート

卵スピーカーのオラソニックから、新作スピーカーが出るよ!というので、早速、モノフェローズで借り受けてお試しできることになりました!

ひゃっふー!!

121030olasonic9.jpg

卵型スピーカー結構好きなんだよね。

しかも、なんとこのスピーカー、2012/10/30現在、アマゾンの予約価格7,999円!

なんと、8千円しないんですよ!

なんといっても今まで何度かモニターしてきて、音が良いのは自分で体験してきたオラソニックですからね。

<<過去のレポートはこちら>>
 オラソニックiPhoneドックスピーカー|Olasonic TW-D71P|東和電子記事一覧
 オラソニック薄型TV用スピーカー|Olasonic TW-D7OPT|東和電子記事一覧

さてさて、その実力やいかに。期待に胸が高鳴りますよ!

17137-929-291136
スポンサーリンク

オラソニックTW-S5体験レポート目次

  1. オラソニックTW-S5音の感想、クリスタルな中高音質
  2. オラソニックTW-S5音の感想、まあまあな重低音
  3. TW-S5開梱レポート
  4. TW-S5の色は7色
  5. TW-S5付属ポーチ
  6. TW-S5セッティング
  7. レノボL520でサウンドの設定
  8. 実際の使い勝手、大音響に注意!
  9. オラソニックTW-S5まとめ

オラソニックTW-S5音の感想、クリスタルな中高音質

早速、モノフェローズで届いたオラソニックTW-S5をパソコンにつなげて、音楽を聴いてみました。

121030olasonic1.jpg

セッティングとか、開梱の様子はまたあとで書きますね。

まずは、一番気になる音の印象から。

まず、感じたのは、音が非常に硬質できれいです。

きらきらして、クリスタルのような響きです。

しゃかしゃかではなく、クリスタルですよ、クリスタル。

光のかけらがキラキラときらめいて、あたりに広がっていくようなそんな素敵な音の光。

「創世のアクエリオン」「Doubt&Trust」「アンインストール」あたりを聞いてみたのですが、ボーカルがクリアに聞こえて、とても気持ちがいいです。

X-アプリに入れてある曲を聴いてみたのですが、あらかじめ用意されているエコライザーを使うとかえって、ボーカルがくぐもってしまう感じで、そのまま聞くのが一番きれいでした。

こりゃいいわあ。

わたしは、音楽大好きで、J-popからクラシックまでなんでも聞きますが、一番好きなのは、J-popで、曲の歌詞に非常に印象を受けることが多いです。

ですから、ボーカルがクリアに美しく聞こえてくる、というのは、わたしにとって、それだけで非常に価値があることです。

このボーカルの美しさを聞いて、思わずポチりそうになりました。

いや、待て、待て、自分。もうちょっと検証してからだ。

オラソニックTW-S5音の感想、まあまあな重低音

さて、お次は気になる重低音のお話。

オラソニックTW-S5の重低音は、美しいがパワーはない、というのがわたしの印象です。

この値段のスピーカーにしては、とてもがんばっていて、音割れがするとかそういう不快感はありません。

しかし、ずんどこ、ずんどこと腹に響くようなリズムを求めている人には物足りないと思います。

まあ、8千円だからねえ。

そこまで求めるのは酷というものです。

実は、ほかの方のレビューを見ると、重低音が遜色ないとか、重低音が良いとか書かれているものが多いのです。

なので、あれーわたし、耳悪いのかな、とか思ったのですが・・・

どうやら、これは、わたしの過去の音体験のせいかな、と思いまして。

わたくし、ただいま45歳ですが、子どもの頃、おこづかいを貯めて買ったステレオは、90cmのカラーボックスを横に倒して2段積み重ねたくらいの大きさでした。

10万円くらいしたかもしれません、覚えてないけど。

昔はコンパクトステレオなんて、なかったんですよ。

だから、大きな音を出せば、ずんどこずんどこお腹に響くような音が出てたステレオで、血肉沸き踊る低音の快感のようなものを体験してしまいました。

なので、きっと、わたしが重低音最高!という時は、サブウーハーつけて、ずんどこずんどこ、お腹に響いて魂ゆらされないと、すげえ!最高!とはならないんだと思います。

ただ、ずんどこについては、そういう感覚を持っていますが、じゃあ、重低音ずんどこがしょっちゅう必要なのか、と言われると、わたしは頭痛持ちなので、そんなにずんどこしない方が良いのです。

しょっちゅう、ずんどこされたら頭に響きすぎて、頭痛くなるわ・・・。

なので、むしろ、それほど重低音が響きまくらないけどきれいに鳴り、中高音質がクリスタルでキラキラでボーカルがキレイに聞こえるオラソニックTW-S5は、むしろ、わたしにとっては、ちょうど良いスピーカーです。

賃貸マンションでずんどこ鳴らしすぎて、近所から苦情が来ても困るしね。

いやあ、ますます欲しくなってきた。

では、とりあえず、音の感想はこれくらいにして、開梱レポートとセッティングについて解説したのち、今度は使い勝手について、書いていきたいと思います。

TW-S5開梱レポート

さて、こちらが、モニター体験した、オラソニックのTW-S5です。

121030olasonic2.jpg

オラソニックTW-S5の仕様。

121030olasonic3.jpg

箱を開けると、まず目に入るのが黒いポーチ。

121030olasonic4.jpg

それから、卵スピーカーが2つ。

121030olasonic5.jpg

1個取り出してみる。

121030olasonic6.jpg

もういっちょ。

121030olasonic7.jpg

さて、こちらが、オラソニックTW-S5の本体スピーカーです。

121030olasonic8.jpg

なんか見てると、モアイ像とか、ナウシカの巨神兵という単語が頭に浮かぶのはわたしの気のせいでしょうか・・・

121030olasonic9.jpg

横向き。

121030olasonic10.jpg

後ろ向き。

121030olasonic11.jpg

また横向き。

121030olasonic12.jpg

上から。

121030olasonic13.jpg

今まで使ってオラソニックのスピーカーは、卵型スピーカーを台座に置く感じでしたが、今回は、台座と本体が合体した形になっています。

121030olasonic14.jpg

TW-S5の色は7色

今回我が家がモニターする色は、ブリリアントホワイトですが、色は、なんと7色展開です!

ブリリアントホワイト
ノーブルブラック
イタリアンレッド
コーラルピンク
アクアブルー
ネイビーブルー
カナリアイエロー

の7色。

女性を意識してるんですかね?

女性向けなら、わたしはもうちょいパステルカラー的な色が多くてもいいかなあ、という気はしますが。

黒白以外で、部屋に置いてもいいかな、と思うのは、コーラルピンクかアクアブルー、ネイビーブルーですね。

黄色とか、ちょっと無理かもww

TW-S5付属ポーチ

さて、付属のポーチは2個ついています。

121030olasonic15.jpg

一つずつ傷つけないように、という心遣いでしょうか。

ポーチには、卵ちゃんを頭から突っ込み、

121030olasonic16.jpg

くっついているコードをあとから入れて、

121030olasonic17.jpg

口をしばればできあがり。

121030olasonic18.jpg

わたしは、そんなに持ちはこぶシーンはないですが、持ちはこぶ時に、新たに収納する袋を探さなくていいのは便利ですね。

TW-S5セッティング

TW-S5のセッティングは超簡単です。

まずは、スピーカーの左右を確認します。

右側の底には、こんな風に機器の表示が。

121030olasonic19.jpg

左側の底には、何も書いてありません。

121030olasonic20.jpg

そして、それぞれのスピーカーから出ている端子を

121030olasonic21.jpg

接続します。

121030olasonic22.jpg

ACアダプターはありません。

USBバスパワーなので、USBに接続。

121030olasonic23.jpg

うちのUSBハブは確かUSBバスパワー対応製品だった気が。

4口あるハブを使っていますが、パワー不足な感じはありません。

むしろ、パワーありすぎ・・・

机に置くと、こんな感じ。

121030olasonic24.jpg

めっちゃすっきり!!!

今まで、ソニーの昔持ってたパソコンについてたスピーカー使ってたんだけど、ACアダプタ大きいし、ものはでかいし、それでもなんとも思わなかったけど・・・

こうして、小さいスピーカー置いたら、めっちゃ場所とってたのがわかる。

いやあ、なんか物が少ないのって気持ちがいいね。

レノボL520でサウンドの設定

さて、USBを突き刺すと、勝手にドライバを準備してくれます、Windows7。

121030olasonic25.jpg

引き続き、サウンドの設定。

ちなみに、我が家のパソコンは、レノボL520です。

スタートメニューのコントロールパネルから、

121030olasonic26.jpg

サウンドを選択。

121030olasonic27.jpg

スピーカーにオラソニックのスピーカーが表示されているのを確認。

121030olasonic28.jpg

右クリックして、

121030olasonic29.jpg

プロパティを表示。

121030olasonic30.jpg

レベルを確認したら100だった。

121030olasonic31.jpg

ここで、特に何も思わずそのままにしてたんだけど、レベルは1くらいにしておいた方が良かった・・・

バランスという項目があるので、

121030olasonic32.jpg

クリック。

121030olasonic33.jpg

両方、同じ値になってるか、確認。

実際の使い勝手、大音響に注意

さて、ではいよいよ実際に音楽を聴いてみます!

X-アプリを立ち上げ、

121030olasonic34.jpg

お気に入りの曲をかけたら・・・

121030olasonic35.jpg

大音響!!!!

うわっ!うわっ!何これ!やばい!

慌ててミュートっ!!

はあ、はあ、はあ。

な、なんで、あんなに大音響!

パソコンの音レベルをとりあえず、落として9くらいにしてみる。

121030olasonic36.jpg

再び大音響!!

わわっ!!なんなの、もう。

こういう作業を繰り返し、結局、最善の設定は、パソコンの音レベルは1。

121030olasonic37.jpg

音楽をかける時や、YouTubeを見る時は、音楽ソフトや、YouTubeで音の大小が調節できるんだけど、パソコン本体が鳴らす音が、このパソコンの音レベルボタンでしか調整できないんです。

レベル2にすると、スカイプ起動音とかが、うるさすぎ。

スピーカー本体で音量調節ができないこの点は、使い勝手では、ちょっとマイナスポイントだなあ。

オラソニックTW-S5まとめ

結局、オラソニックTW-S5は、買いなのか?ということですが、わたしは、

予算をなるべくおさえて、高音質のスピーカーを手に入れたい人は、買い!

だと思います。

何しろ値段が記事執筆現在アマゾンで、予約価格が8000円以内。

予算1万円でスピーカーを探している人であれば、買っても2000円おつりが出ます。

さらに、中高音がとてもクリスタルで美しく、ボーカルがきれいに聞こえるので、特にJ-popsなど、歌を聴く人にとっては、おすすめのスピーカーだと思います。

121030olasonic14.jpg

パソコンのスピーカーで今までずっと音楽を聴いていて、オラソニックTW-S5をつけて聞いたら、びっくりすると思います。

ただし、重低音はきれいに出ますが、ずんどこずんどこは鳴らないので、サブウーハーつけてずんどこ鳴らせたいような耳の肥えた人には、このスピーカーは物足りないかもしれません。

スペース的には非常にコンパクトで、USBから電源がとれるので、じゃまなACアダプターがないのが魅力です。

ただし、本体側で音量調節できないため、若干不便を感じることがあるかもしれません。

短所・長所をよく理解して、自分のライフスタイルに合ってると思ったら、買って試してみるとよいと思います。

音はきれいなので、わたしはいいな、と思いました。


17137-929-291136

スポンサーリンク