パソコン通販レビュー館

デジモノ大好き管理人のBOSE製品+オーディオ機器の体験・購入レビュー

カスペルスキー2012マルチプラットフォームってのは結局・・・

えー、今ちょっとショックなことに気がついて落ち込んでいます。

カスペルスキーの更新に余計なお金払っちゃったかもです。

しくしくしく。

わたしみたいにドジで間抜けな方のために、記事にしておきます。

はあっ・・・。

カスペルスキーインターネットセキュリティー2011からのバージョンアップ

カスペルスキーインターネットセキュリティー2011を利用していたのですが、更新キーが切れるぞよ!と警告が出始めたので、更新キーを買うことに。

その前に、確か新バージョンが出てたよな、と思って、バージョンアップすることに。

で、今までカスペルスキーの製品はジャストシステムで販売していたのですが、ジャストシステムのストアでの販売はやめて、カスペルスキーlabでユーザー登録も管理するし、カスペルスキーストアで販売も、する、ということになったらしいです。

という、メールが来ていて、最新バージョンへのアップデートのページが紹介されてたので、ダウンロードしてカスペルスキーインターネットセキュリティー2012にバージョンアップしました。

ちなみに、ダウンロードしたファイルをクリックしたら、解凍とかじゃなくて、即インストールです。

まあ、これをインストールした時も、今あるカスペルスキーをどうすんのか、はっきり書いてあるものが見つからなくて、もういいや、いっちまえ、ということで、そのまま上書きインストールしちゃったのですが。

あとで、いったん削除してインストールしろと書いてあるっぽいページを見つけてがーん!と思ったけど、そのあとヘルプを見たら、上書きインストールを匂わせる記述があったりで、結局どっちがいいのかよくわかりませんでした。

どっちやねん!インストールする時に、わかりやすいところに、はっきり書いといてや!

アクティベーションコード、どれを買えばいいの?

で、あと1日しか期限がないので、めでたくバージョンアップしたインターネットセキュリティー2012から、アクティベーションコードを買おうとしたんですわ。

そうすると、案内されたページに、「マルチプラットフォームセキュリティ」の更新キーと「インターネットセキュリティー2012」の更新キーが表示されたんですよ。

で、ここで悩んだ。

えー、これってどっち買ったらいいの?っていうか、今カスペルスキーインターネットセキュリティ2011使ってた人が、マルチプラットフォームセキュリティの更新キー買って、使えるの?

そもそも、マルチプラットフォームってなんやのん?

まあ、ここで深読みせずにさくっとマルチプラットフォームの更新キーを買っちゃえば良かった気がします・・・。

マルチプラットフォームセキュリティ

で、今度は、カスペルスキーストアのホームに戻ってみると、マルチプラットフォームセキュリティなら、ウィンドウズもマックもアンドロイドと3種類に使える、ということらしいですな。

1年で3台にインストールできる、と。

で、我が家にはマックがあるので、ああ、それならマルチプラットフォームやわ、と。

しかし、もうカスペルスキーインターネットセキュリティー2012にバージョンアップしちゃったし、どうしよう・・・。

えーい。

もうよくわからんから、ダウンロード版を買ってしまえ!と思って買ってしまいました。

で、購入してダウンロード画面を見ると、マルチプラットフォームセキュリティというのは、実は、一つの共通ソフトではなくて、


インターネットセキュリティ
アンチウィルス for Mac
モバイルセキュリティ


の3つのソフトを自由にダウンロードできる、ってことでした・・・・。

つ、つまり、あのカスペルスキーのアクティベーションコード購入画面から、マルチプラットフォームセキュリティを買っても良かったの?

ねえ、そうだったの?

それだったら、1100円くらい、普通に買うより安かったのにorz

うううう。お金ソンしたかも。

悲しい・・・。

買ってないので、本当に買って使えるかどうかわかんないけど、なんか使えそうな予感。

あんまり悔しいので、ネタにしました。

とほほほほ・・・・。

スポンサーリンク

スポンサーリンク