パソコン通販レビュー館

デジモノ大好き管理人のBOSE製品+オーディオ機器の体験・購入レビュー

リンクシェアサロンBose experience tour体験レポート|BOSE PC用スピーカーの歴史

一ヶ月ぶりの大阪です。

用事まで少し時間があったので、なんば近辺を放浪していたら、こんなところにグリコの看板が!

110809boze1.jpg

こんなところにあったんかー!知らなかったよ。

リンクシェアサロンBose experience tour

さてさてこの日、大阪くんだりまで出てきたのは、遊びに出てきたわけではありませぬ。

2011年8月5日金曜日に、ボーズ・プレミアムストア心斎橋で、ボーズ製品を体験できるBose experience tourが開催されるというので、それに参加するためにやってきたのです。

110809boze2.jpg

ちなみに、このツアー、一部と二部がありましたが、管理人は一部で参加させていただきました。

また、東京でも7月終わり頃に開催されたようです。

セミナー会場は、ボーズ・プレミアムストア心斎橋店の二階。

参加人数はそんなにたくさんではなかったので、アットホームな雰囲気で和やかに始まりました。

110809boze3.jpg

BOSE製品の歴史や新製品の特徴についてのスライドを見ながら解説を聞いたり、解説を聞きながら製品を体験しました。

そして、そのあとは、各自質問したりしながら、写真撮影会でした。

ということで、ここから後は、管理人がおもしろかったなと思ったことや、すげーな、と思った製品などをシリーズでご紹介していきます。

まずは、ボーズのパソコンスピーカーの歴史です。

スポンサーリンク

BOSE PCスピーカーの歴史

実は、今回の体験会でのPCスピーカーの目玉新製品は7月28日に発売されたばかりの、このComapnion20なわけですが。

110809boze4.jpg

まあちょっとこれについて語る前に、BOSEがどんだけパソコンスピーカーを発売しているのか、ちょっと歴史を押さえておこうよ、というお話。

110809boze5.jpg

▼ 1995年 Media Mate

ボーズ社の設立は1964年と老舗のオーディオメーカー。

そして、ボーズが初めてPCパソコン用スピーカー「Media Mate」を発売したのが、1995年。

110809boze6.jpg

あれ?ボーズがパソコン用スピーカーに参入したのって意外と最近?って思いました。

でもね、そもそもパソコンとインターネットが一般家庭に普及し始めたのが、この頃だったと思いますよ。

確かちょうど我が家もこの頃に初めてパソコンを買いました。

まだまだダイヤルアップの頃でしたね。

そのころにすでにボーズはPC用スピーカー作ってたんですね。

すごいな。

▼ 1997年 MM-1/MM-2

110809boze7.jpg

1997年にMM-1/MM-2を発売。MM-1とかちょっとロボットの顔っぽいデザイン?

▼ 2003年 MediaMate2

110809boze8.jpg

▼ 2004年 Companion2/3

110809boze9.jpg

▼ 2006年 M3

110809boze10.jpg

そして、2006年に伝説のM3発売。

このM3は日本限定のPC用スピーカー。

プレミアム・コンパクトスピーカーとして絶大な人気を誇っています。

実は、我が家もM3ユーザー。

▼ BOSEのスピーカー買いました/Bose Micro Music Monitor M3 開梱レポート
▼ Bose Micro Music Monitor M3のカバー、ケーブル、予想以上の素敵な音

家族が、これで、いつもクラシックを聴いていますよ。

先日も、復刻ということで、数量限定で販売されたそうですが、あっという間に売り切れたそうです。

すごい人気です。

▼ 2006年 Companion5/3Ⅱ/2Ⅱ

110809boze11.jpg

同じく2006年には5.1ch音場を再現するCompanion5が登場。

110809boze13.jpg

Companion3/2も刷新され、Companionブランドの確立です。

※ Companion2Ⅱ
110809boze14.jpg


▼ 2007年 ComputerMusicMonitor

110809boze12.jpg

2007年にはデスクトップ専用のプレミアム・コンパクトスピーカーComputerMusicMonitorが発売されます。

110809boze15.jpg

▼ 2011年 Companion20

そして、2011年7月28日、新製品Companion20の発売!

次の記事では、Companion20のコンセプトについて書いてみたいと思います。

ボーズ・オンラインストア  Companion20

スポンサーリンク